« 今日明日は大学祭 | メイン | ギギ、来てます。 »

2010/11/19

エレメンツ用アクション素材

■バージョン7&8用(CS3〜CS6でも使用できます)2012/8/19改
a600EL7.zip』600dpi用 『a1200EL7.zip』1200dpi用

■バージョン9&10用(7&8やPhotoshopでは使用しないでください)2012/8/19改
a600EL9.zip』 600dpi用 『a1200EL9.zip』1200dpi用

■バージョン11は、Photoshop用を使用してください。

Adobe Photoshop Elementsで、本文入稿用のデータ作成に便利なアクション集です。
商業誌に同人誌に御利用ください。
(Photoshop CS3で作成しました。

フォルダの中には、
●グレーレイヤーをアミトーンにする『EL7(9)tonbo600grey.atn
●白レイヤーを白アミトーンにする『EL7(9)white600ami.atn
●スキャン画像を色調補正、線画抽出、ゴミ目立ちスタイル適用『EL7(9)hosei600.atn
●スキャン線画を色調補正、線画抽出、原稿用紙テンプレートを作って貼り付け、ゴミ目立ちスタイル適用『600EL7(9)temp1.atn』(アナログペン入れ派)
●スキャン下描きを色調補正、原稿用紙テンプレートを作って貼り付け『600EL7(9)temp2.atn』(アナログ下描き派、SaiやPainter併用)
●グレー完成データにトンボ入れ『EL7(9)tonbo600grey.atn
●モノクロ完成データにトンボ入れ『EL7(9)tonbo600mono.atn
●グレーモードのファイルをモノクロモード(ハーフトーンスクリーン)にする『EL7(9)mono600end.atn
計8つのアクションと、使い方説明文『600EL7(9)readme.txt』が入っています。
1200dpi用も同様です。

線画の補正数値が貴方の線に合わない場合があります。
ご希望の補正数値のリクエストを承ります。メールください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

atn(アクション)ファイルを、Photoshop Elementsの中に入れます。

◆WindowsXPの場合、
ローカルディスクC/Documents and Settings/All Users/Application Data/Adobe/Photoshop Elements/7.0(または、8.0)/Locale/ja_JP/Workflow Panels/actionsの中に入れます。

◆WindowsVistaの場合、
ローカルディスクC/ProgramData/Adobe/Photoshop Elements/7.0(または、8.0、9.0、10.0)/Locale/ja_JP/Workflow Panels/actionsの中に入れます。

(ProgramDataが見つからない場合は、コントロールパネル/デスクトップのカスタマイズ/フォルダオプション/隠しファイルとフォルダの表示)

たぶん、Windows7も同様の場所だと思います。

◆MacOSXの場合、
ライブラリ/Application Support/Adobe/Photoshop Elements8.0
(または、9.0、10.0)/Locale/ja_JP/Workflow Panels/actionsの中に入れます。

次にPhotoshop Elementsを起動した時から、使用出来るようになります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

漫画製作は、編集モードを使います。
アクションは、編集モードの『ガイド編集』/ガイド付き編集/アクション/アクションプレイヤー…に有ります。

1.使用するアクションセットを選択します。(アクションファイル名です)

2.実行するアクションを選択します。(アクションファイルの中に複数アクションが入っています)

アクションを実行ボタンを押します。

アクション実行中にダイアログが開いてビックリすることが有りますが、気にせず『OK』『続ける』を押して、どんどん進めてください。エレメンツアクションの仕様です。

編集モードの『編集』(または『標準』)に戻ります。